東山を知る 東山区の概要・取り組み 東山区の概要、伝統文化、取り組み、年中行事をご紹介します。


東山区の年中行事

日時等は年により変更となる場合がありますのでご注意ください。

1月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
1月1日 大般若祈祷会
(修正会)
高台寺 大般若経を典読し、念じることにより難事から逃れ、願い事が叶うとされる。修正会ともいわれ、間違いや不正をただし、歪んだものを修正するための法要。旧年を悔い改め、新しく正しく歩みだす月である。
1月1日~
3日
皇服茶 六波羅蜜寺 皇服茶授与(9:00~17:00)。悪病が流行した折、開山空也上人が本尊に供えた薬湯を病人に与えたところ治癒をみたという寺伝による。初穂飾り授与。
1月3日 かるた始め式 八坂神社 かるた奉納、玉串奉奠の後、十二単におすべらかし姿のかるた姫が、かるた競技を行う。八坂神社の祭神「スサノオノミコト」が和歌の祖神とされるのにちなみ始められた。
1月6日、
7日
こんにゃく焚き 金剛寺
八坂庚申堂
日本三庚申で八坂の庚申さんと親しまれ、元禄時代から続く珍しいこんにゃく焚き行事。開祖浄蔵貴所大法師が、庚申尊の霊示を受けて始められた。北を向いて無言で食すると諸病、諸厄を免れるといわれる。
1月7日 花街始業式 祇園甲部
祇園東
宮川町
各花街の新年始業式。一年の芸の精進を誓う。各歌舞練場で一斉に行われ、きれいに着飾った芸妓・舞妓さんでいっぱい。当日は写真愛好家で賑わう。
1月8日
~12日
十日ゑびす 恵美須神社 10日の恵美須神の誕生日を中心に5日間行われる祭りで参拝者は福笹、宝船等を受け持ち帰り神棚に供える。8・9日には宝恵かご、10日の大祭、11・12日残り福と商売繁盛、招福、家運上昇を願う。
1月10日 初金比羅 安井金比羅宮 月次祭(10:00)。1月10日は年の最初の縁日に当たるので初金比羅という。
1月12日 左義長祭 新熊野神社 正月飾りや書初めなどを燃やし、一年の無病息災を祈願する火祭り。600年前から続き、境内に5mの青竹を3本立て、しめ縄で巻き付け神事の後点火する。
1月18日 楊枝のお加時 三十三間堂 年間最大の法要。楊枝浄水供ともいわれ、門跡によって参拝者の頭の上に御加地の浄水が振りかけられる。浄水は閼伽井の内に柳の枝を挿し本尊に7日間祈願をこめたもので、これを授かると年中頭痛がおこらず記憶力がよくなるといわれる。
1月18日 通し矢 三十三間堂 楊枝のお加持の結願記念の弓の引き儀式。三十三間堂大的全国大会。お堂西側66間の距離を弓を引き、何本通すかの競技で室町時代から続いているが、現在は約60メートルの距離で行われている。新成人の振り袖に紫の袴姿がみられる。
1月19日 疫神社祭 八坂神社 境内疫神社で厄除を祈る。


2月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
2月3日 節分会(祭) 六波羅蜜寺 六斎念仏による追儺式。境内で開運厄除けの柴灯大護摩供の後、中堂寺六斎念仏追儺式。土蜘蛛装束の邪鬼を鉦を鳴らして退散させる古式の追儺式である。


3月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
3月14日
~16日
涅槃会 東福寺 涅槃会(9:00~16:00、16日は9:00~15:30)。大涅槃図開帳。縦12m横6mの涅槃図は室町時代の画僧明兆の作。猫が書かれていることで有名である。
3月14日
~16日
涅槃会 泉涌寺 大涅槃図の公開(9:00~16:30)。法要(15日10:00~15:00)。縦16m横8mの涅槃図は日本最大。江戸中期明誉古礀上人の作である。
3月19日 春彼岸会 泉涌寺山内
即成院
午前に極楽往生を願う信者のために法要が営まれる。昔から極楽往生の寺として有名。今ではポックリ寺として、多くのお参りがある。9月22日にも行われる。
3月28日、
29日
日吉窯元まつり 今熊野日吉町
一帯
平成11年から始まった「まつり」で、京焼・清水焼の伝統を守る窯元が点在するこの地区で、陶器市・模擬店や窯元をまわるスタンプラリーなど多彩なイベントが開催され、多数の市民や観光客で賑わう。


4月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
4月1日
~30日
都をどり 祇園甲部
歌舞練場
祇園甲部の芸妓・舞妓さんが演ずる京舞。咲き誇る桜と競う様に豪華な舞台を繰り広げる。
4月4日
~19日
京おどり 宮川町
歌舞練場
宮川町の芸妓・舞妓さんが総力を挙げて、けん爛な舞台の春の祭典を繰り広げる。
4月20日 四頭茶会 建仁寺 茶の湯の源流である禅宗寺院独特の作法の茶会。鎌倉時代、禅宗と共に中国から伝わった禅宗寺院における食事作法の一部で、4人の正客に準じて相伴客がお茶を頂く、方丈室中の間で行われる茶会である。
4月27日 写経会 泉涌寺山内
雲龍院
毎月27日が写経の日と定められて、一山大衆と共に写経会が行われる。また4月27日には、会員を対象に年に一度の大写経会が行われる。文亀元年(1501)後土御門天皇の黒戸御殿を賜ってから写経の道場となり有名である。


5月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
5月5日 新熊野祭 新熊野神社 当日は12時、例大祭。13時より行列が今熊野地区を巡行する。
5月5日 神幸祭 地主神社 神幸祭(13:00頃)。白川女花行列、武者行列等が氏子町内を一巡。桜の名所で、毎年同社から地主桜を御所へ献納した歴史がある。
5月5日 若宮菖蒲祭 若宮八幡宮 菖蒲祭は花のショウブに「勝負」をかけて祭神に勝運を祈る行事で、江戸時代から続いている。
5月10日 春季金比羅大祭 安井金比羅宮 交通安全祭とお火焚祭(14:00)。江戸時代の大家の絵馬から有名タレント、画家の奉納絵馬を絵馬館にて展示している。
5月11日 新日吉祭 新日吉神宮 行列巡行(13:00)。800余年前、後白河上皇は宮中朝儀を再興、新日吉小五月会と称した。
5月18日 神幸祭 恵美須神社 建仁寺開山栄西禅師は宗から帰国する際に暴風にみまわれたが、船中恵美須神を祀って事なきを得たので、建仁寺を創建するにあたって、鎮守神として祀ったのが始まりで、当日氏子町に行列が巡行する。


6月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
6月5日 栄西忌 建仁寺 献茶式(10:00)。開山栄西禅師の忌日法要。建仁寺は建仁2年(1202)栄西により創建された寺。この日開山堂にて禅師を偲んで裏千家家元による献茶式が行われる。
6月15日 例祭(大祭) 八坂神社 祭典(10:00)。東遊(あずまあそび)、献詠披講式(15:00)、和歌の披露。東遊は平安時代から行われている神楽である。
6月15日 青葉まつり 智積院 法要(10:00)、紫灯護摩供(11:00)、庭園、障壁画の無料公開。同祭は弘法、興教両大師のご誕生を祝う行事である。


7月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
7月1日
 ~31日
祇園祭行事 八坂神社 17日の山鉾巡行を中心に1ヶ月祭一色になる。
1日 吉符入、長刀鉾町お千度。10日お迎提灯、神輿洗式。13日稚児社参。15日宵宮祭。17日神幸祭。24日還幸祭。28日神輿洗式。31日夏越祭。
7月5日
 ・6日
七夕会・
夜の特別拝観
高台寺 多くの人が夢を記した笹飾りが境内に揺れる。日没後はライトアップされ、ムードも一気に高まる。
7月7日 七夕祭 地主神社 縁結びの神として信仰を集め、2時から祭典を行う。1対のこけしに自分の名前と心に思う人の名前を書いて、固く結び合わせ恋の成就を祈る。


8月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
8月7日
 ~10日
精霊迎え
「六道まいり」
六道珍皇寺 4日間の期間中、六道珍皇寺に詣で、冥土にも届くといわれる「迎え鐘」をついて、先祖の亡魂・精霊を迎える。期間中は、松原通に23時頃まで夜店で通りが賑わう。
尚、期間中には、秘仏の重要文化財である本尊 薬師如来坐像〔作 伝教大師(最澄)・平安時代〕が特別開帳される。
8月7日
 ~10日
五条坂
陶器祭り
五条大橋から
東大路五条の
両歩道
五条坂陶器祭りは、京焼の発祥地の五条坂で大正初期に始まったといわれている。期間中、全国から約50万人が訪れ規模・人手とも全国最大規模であり、東大路通から川端通までの五条通の両歩道沿いに約500軒の出店が並ぶ。
(1)萬燈会
8月8日
 ~10日

(2)送り萬燈会
8月16日
六波羅蜜寺
萬燈会
六波羅蜜寺 萬燈会は数多くの灯明を人形文字“大”のかたちに点火し、先祖の精霊を迎える空也上人以来の伝統行事。迎えられた精霊は、16日の送り萬燈会によって送られる。
8月14日
 ~16日
東大谷万灯会、
お盆法要
大谷祖廟
及び
東大谷墓地
夏の暑いお盆参りを「涼しい夜に」との趣旨で1961(昭和36)年から始められた。
敷地内に、大小提灯、俳句提灯,幼稚園・保育園園児作画による子ども提灯など約1万個の提灯が吊るされ、午後6時頃から提灯の中へ蝋燭の火を灯す(消灯時刻 午後9時)。
また、仏法聴聞の場として、万灯会お盆法要を厳修し、三夜連続で法話がある(午後7時~午後8時)。
8月9日
 ~16日
清水寺千日詣り 清水寺 観音さまの最大の功徳日で、一日の お参りで千日詣ったと同じご利益がさずかるとされる。


9月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
9月18日・
19日
例祭、献茶祭 豊国神社 豊臣秀吉を祀る神社。9月18日は秀吉公の命日で本殿にて神事(11:00)が営まれ、19日は藪内家献茶式(10:30)が行われる。
9月22日 櫛まつり 安井金比羅宮 祭典(13:00)。各時代の櫛をかざした女人時代風俗の行列が行われる。古い櫛を清め、久志塚の前で祭典が行われる。
9月21日
 ~23日
お砂踏法要 今熊野観音寺 法要(9:00~16:00)。四国霊場八十八ヶ所の砂を道場に集め踏んでお参り。西国霊場第15番札所である。
9月28日 萩鑑賞会
(萩まつり)
霊山観音 高台寺、霊山観音一帯は萩の名所として知られ、萩の花の見ごろに行われる。協賛行事として地元保存会によって、おでん・すし・そば店などが出て一日中賑わう(有料)。


10月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
10月6日 北政所大茶会 高台寺 献茶式(10:00)。表流・裏流・煎茶等五席、点心席がある。北政所は秀吉没後、菩提を弔うため慶長11年(1606)高台寺を建立。北政所ねねの命日に復活された大茶会である。
10月12日 秋季金比羅大祭
神幸祭
安井金比羅宮 神幸祭(11:00)が、御本殿にて斎行され、御鳳輦、御神宝列や子供みこしが氏子町を巡行する(13:00)。
10月12日・
13日・15日
粟田祭 粟田神社 祇園祭の原形を伝える祭り。貞観18年(876)清和天皇の勅願で創建された古社で、祇園祭山鉾の原形を伝えるという18基の鉾があり、剣鉾唐櫃を従えて神輿巡行が行われる。
10月16日 新日吉神宮
例大祭
新日吉神宮 祭典(10:30)。里神楽の奉納。妙法院門跡奉仕による神仏混淆の祭礼として知られる。
10月19日 二十五菩薩
お練り供養
即成院 祭りの中でも珍しい祭り。寺の本堂を浄土、地蔵堂を現世に見立て、両堂の間の高さ2m、長さ50mの夢の掛け橋を二十五菩薩が練り歩く。
10月19日・
20日
二十日ゑびす大祭 恵美須神社 宵恵美須祭(19日18:00)、恵美須講大祭(20日14:00)。棚持の京商人が江戸商いを終り、10月20日に京に帰り、恵美須神を祀り、商売繁盛を感謝し、今後の繁盛を祝ったのが始まりである。
10月20日 秘仏開帳大祭 建仁寺山内
禅居庵
開山大鑑禅師の毎歳忌法要(11:00)。本尊秘仏摩利支天像が開帳される。摩利支天は日月の光を神格化したもので、一切の災難を除くと信じられ大般若祈祷法要(13:00)、採灯大護摩(14:00)が焚かれる。


11月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
11月1日
~10日
祇園をどり 祇園会館 祇園東歌舞会の芸妓・舞妓さんが総出演で繰り広げる絢爛たる舞い絵巻である。
11月3日 舞楽奉納 八坂神社 舞殿にて優雅な舞楽の奉納が行われる(12:00~)。
11月8日 かにかくに祭 吉井勇歌碑前 祇園新地甲部組合主催。「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる」の歌を詠んだ歌人吉井勇氏を偲んで、同氏の歌碑の前で冥福を祈る。
11月15日 大護摩供養 法住寺 採灯大護摩供養(14:00)。笛、琴、御詠歌の奉納(12:45)。身代わり不動尊として有名であり、大石良雄も仇討ちの成就を祈ったといわれる。
11月22日
~30日
泉涌寺窯もみじまつり 青窯会青年部 東山のふもと泉涌寺と東福寺の間の30軒余りの窯元が、東福寺のもみじの人出に合わせ、それぞれ入口やガレージにて行う陶器祭りである。
11月23日 筆供養 正覚庵 お練り行列(13:00~)、筆供養(14:00)。
文化年間(1804~17)、廃筆の労に感謝するために塚を築いたのが始まりである。
11月23日 もみじ祭 地主神社 神楽奉納(14:00)、お火焚き行事、もみじ献花、献酒。家内安全、無病息災を祈願する。
11月30日
~12月26日
吉例顔見世興行 南座 東西の名優が顔を揃える、豪華絢爛な歌舞伎興行。劇場正面を飾るまねき看板も華やかな、京都の師走の風物詩である。


12月の行事

月日 催事 場所 時間・由来など
12月13日 事始め 祇園町 江戸時代、幕府はこの日から新年を迎える支度を始めたといわれている。その習慣が民間に伝わり、京都の町家、花街に残るもので、祇園町では芸妓・舞妓さんが師匠宅に鏡もちを持ってあいさつに行き、お返しに舞扇をもらってくる。
12月13日
~31日
空也踊躍念仏
(かくれ念仏)
六波羅蜜寺 念仏踊(16:00)。天暦5年(951)空也上人が疫病救済のために始めたお念仏である。
12月14日 義士まつり 法住寺 赤穂義士を偲んで舞妓の献茶。山科に閑居して、時節の到来を待った大石良雄は、この寺の身代わり不動尊に仇討ち成就の祈願を行ったことで有名。本堂内に47士の木像も祀られる。
12月25日 御身拭式 知恩院 本堂内の厨子に安置されている宗祖法然上人の木像を門主自ら香染めの羽二重でお拭いする師走の行事で、上人への報恩、新年の多幸を祈って1000人余の僧侶と檀信徒が、小さな木魚を一斉に叩いて念仏を唱和する光景は壮観である。
12月31日 をけらまいり 八坂神社 をけら火授与(19:30~)。招福除災を願って、参詣の人々がをけら火を吉兆縄に移して持ち帰り、雑煮の火種として新年を祝う。
12月31日 除夜の鐘 知恩院他各寺院 除夜の鐘。人間の108つの煩悩を消滅し、光明の新年を迎える。



このページの先頭へ戻る