お知らせ

第5回東山おもてなし学校「見ないで楽しむ東山」を開催しました!

第5回東山おもてなし学校「見ないで楽しむ東山」を開催しました!  3月8日(火)午後2時から第5回東山おもてなし学校「見ないで楽しむ東山」を開催しました。

 今回の講習会では,視覚障がいがどのような障がいでどのようなことに困るのか,どのように観光を楽しむのか,また,視覚障がいの方を補助する際の仕方を講師の松永信也さんから学んだ後,清水寺の各ポイントでアイマスクを付け,視覚障がい者体験をしながら「見ないで楽しむ東山」観光を楽しみました。

 「見ないで楽しむ東山」観光では,アイマスクを付けて,首振り地蔵の首を回したり,池の鐘を鳴らしたり,清水の舞台の欄干に触れたり,また,音羽の滝の水を汲んだりしました。参加者の皆さまからは,「視覚障がいの方の補助の仕方を学べて良かった。」,「アイマスクを付けることで,舞台で感じる風やお香の臭いなど,普段あまり気にしていなかったことがより鮮明に意識できてよかった。」などのご感想をいただきました。

 また,東山おもてなし学校を3回受講いただき,今回新たに東山おもてなし隊員として1名の方を認定させていただきました。新たな東山おもてなし隊員の方には,東山おもてなし隊名誉隊員の鷲頭東山区長から,認定証と記念品をお渡しいただきました。

 東山観光おもてなし隊の取組については,今後も様々な活動を行っていきます。
 次回以降も是非,ご期待ください!

更新日:2016年03月09日(水)


ページの先頭へ戻る