お知らせ

参加店紹介 第2回 「京菓匠 七條甘春堂」さん

参加店紹介 第2回 「京菓匠 七條甘春堂」さん 参加店紹介 第2回目の今回は,七条通にある和菓子店「京菓匠 七條甘春堂」さんをご紹介します。

「京菓匠 七條甘春堂」さんは,国立京都博物館の大和大路通を挟んで西隣,三十三間堂の七条通を挟んで斜め向かいに,築100年以上の町家をそのままに店舗を構えておられます。
良質の材料を使用し,伝統の技術を守りながら作られた和菓子は大変好評を博しています。

今回はお忙しい中,代表取締役の木ノ下亮さんが取材に応じてくださいました。

東山観光支援コミュニティプロジェクトチーム(以下「コ」)
  お店について,ご紹介ください。

京菓匠 七條甘春堂さん(以下「七」) 
  現在の場所に移転してから,10年が経ちます。
  1階は,和菓子を扱う販売所と,店内や店先のお庭で軽い休憩をしていただける甘味処「且茶喫茶(しゃざきっさ)」があります。
  2階は,お客様に実際に和菓子作りを体験していただける教室になっています。

コ おすすめの商品は何ですか?
  
七 七條甘春堂一番のおすすめは「野菜煎餅」。三代目の当主が修行で煎餅を扱っていて,そこに野菜を入れたのが始まりです。美味しい京野菜を煎餅と焼き上げています。
  また,茶器の形をした干菓子もあります。実際にお茶を点てて,その後に食べることができますよ。

コ 七條甘春堂さんにとっての「おもてなし」とは何ですか?

七 このお店にとってのおもてなしは,「店を開けていること。」。
  それにより,お客様と積極的なコミュニケーションをとることができるからです。
  また,観光客への道案内も,町全体で行いたいですね。

コ 東山について,何か思うことはありますか?

七 五条通より南は観光客が少ないですね。案内地図なども,清水から南の地域もしっかり取り入れる必要があると思います。

コ 最後に一言お願いします。

七 東山は,歩くだけでもたくさんの歴史に触れることができる町です。
  歴史に興味のある方も,そうでない方も,是非一度,東山にいらしてください。


<取材を終えて>

 まず建物が京町家ということもあり,お店に入る前から,京情緒を感じることができます。
 店内では,来店されたお客さんが,気さくな店員さんとの会話を楽しんでおられました。
 京都で和の雰囲気を楽しみたい!そんな方にぴったりのお店です。


<京菓匠 七條甘春堂 店舗情報>
 詳しくはこちら ↓
 http://higashiyama-kanko.jp/community/shop/index.php?lid=211


更新日:2014年01月21日(火)


ページの先頭へ戻る