お知らせ

参加店紹介 第7回 くろねこ京案内 様

参加店紹介 第7回 くろねこ京案内 様 今回は八坂通りにある「くろねこ京案内」さんをご紹介します。
「くろねこ京案内」さんは,市バス「清水道」のバス停からすぐの八坂通りを八坂の塔に向かって登った北側にあります。お店の看板も内装もスタッフの皆さんの手作りで,とても暖かみのある雰囲気です。スタッフの皆さんも気さくにインタビューに答えてくださり,お客様へのおもてなしに対する熱い思いをお伺いすることができました。
  
コミュニティプロジェクトチーム(以下「コ」):それでは,よろしくお願いします。最初の質問です。こちらでは荷物の配送だけでなく,観光案内所としても観光客をお迎えされているということですが,どのようなお客様が多いのですか?
くろねこ京案内さん(以下「く」):今のところ,割合的には海外からのお客様が多いですかね。秋の行楽シーズン等には日本国内からのお客様も海外のお客様も一気に増えます。
 
コ:観光に来られる方から,いろいろなことを尋ねられると思いますが,何か困ったことはありますか?
く:英語,中国語,韓国語を話すことのできるスタッフはいるのですが、そのスタッフが出勤していない時はその場にいるスタッフで対応するので,意思疎通が測りにくく,少し苦労します。でもここで働いていると観光客の方の質問の意図がだんだん分かってきて,求めておられることに対応できるようになってきました。
 
コ:普段から接客で心がけていることは何ですか?
く:日本人の方は遠慮がちに入ってこられる方が多いので,お店に入りやすいように,こちらから声をかけるようにしています。あとは入口を開放するなどして,お客様が入って来られやすい雰囲気を作るように心がけています。
 
コ:運送業のお店ですが,観光で来られる方とどちらのお客様が多いですか?
く:観光案内等で来られる方がメインですね!地域活性化と観光客の方達へのおもてなしを目的としていて,SD(セールスドライバー)が所属していない珍しいセンターです。京都は意外と観光案内所が少ないと思うので,「私たちが頑張ろう!」という思いで頑張っています。
 
コ:観光客とのやりとりで,印象に残っている出来事はなんでしょうか?
く:「たぬき神社を探している。四条にあるらしい。」と海外のお客様から尋ねられたときは,驚きましたね(笑)。はじめは見当もつかなかったのですが,以前に八大明神の話を聞いたのを思い出して,そこしかないと思って紹介しました。
 
コ:トイレの貸出もされているようですが,トイレのマナーはどうですか?
く:ひどくマナーの悪いお客様は滅多にいらっしゃいませんよ。みなさんきれいに使ってくださっています。
 
コ:皆さんにとっての「おもてなし」とはなんですか?
く:お客様からは想像もしてなかったことを尋ねられたりしますが,どんな小さなことでも聞き流さないようにしています。そのときは答えられなかったことでも,次に尋ねられたときには絶対答えられるようにスタッフ全員で考えています。日頃多く尋ねられる質問に対しては,スタッフ皆で地図やチラシなどを作ったりして,案内できるようにしています。
 
コ:東山ってどんなイメージのまちですか?
く:観光地というイメージが強いですかね。特に海外からのお客様だと日本の伝統的なイメージである京都を求めて来られる方が多いのですが,「四条は近代的だけど、清水周辺は伝統的なのね」と言われる方もいます。
 
コ:今後おもてなし隊に期待することは?
く:参加するお店どうしの情報交換の機会が増えればいいなと思っています。私たちで情報交換して協力し合えたら,来られたお客様にもっと快適に旅行を楽しんで頂けるようなサービスを提供できると思います。自分たちの取り組みを知ってもらいたいし,私たちも他のお店の取り組みを知りたいですね。
 
コ:いろいろな企画を通して,会員さんどうしの交流を図れるように取り組んでいきます。お忙しい中たくさんお話頂き,ありがとうございました。
 
<取材を終えて>
 スタッフの皆さんはとても明るく,私たちのインタビューに快く答えていただきました。ヤマト運輸さんといえば配送業のお店ですが,この店舗では観光案内を主として荷物預かりやホテルへの当日配達なども行っておられるそうです。店内はゆったりとくつろげるような空間になっているので,東山に旅行にお越しの際は是非ご利用ください。



<店舗情報>
 詳しくはこちら↓
 http://higashiyama-kanko.jp/community/shop/index.php?lid=203

更新日:2014年08月12日(火)


ページの先頭へ戻る