お知らせ

参加店紹介 第12回 浅川亭 様

参加店紹介 第12回 浅川亭 様 今回は七条通にある「浅川亭」さんをご紹介します。
浅川亭さんは,京阪七条駅から七条通りを東に行き,鞘町通りを少し下ったところにあります。お店は大正時代に建てられた町家を改装し,大正ガラスが使用されている引き戸もあります。町家の雰囲気を楽しみながら落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しめるお店となっています。
 
コミュニティプロジェクトチーム(以下「コ」):それではよろしくお願いします。浅川亭さんは素材そのもののうま味とエネルギーをお客様に味わっていただけるよう,シンプルな料理を心掛けておられるとのことですが,その中で人気のメニューは何ですか。
浅川亭さん(以下「浅」):野菜だけで作る料理をベジ料理と呼んでいるのですが,その中でも1番人気は自家製の生麸カツで,ここで小麦粉をねって,グルテンを取るところから作っているんですよ。お野菜はできるだけ旬のものを使うようにしています。旬のお野菜は美味しいですからね。
コ:ベジ料理を作ろうと思ったきっかけはなんでしょうか。
浅:安全,安心でおいしい料理を提供したいという思いからです。
コ:安全,安心な料理を提供されるということで,食材にも気を使っておられるのですか?
浅:ここで使うお野菜の多くは,無農薬野菜なんです。ここで無農薬野菜の販売もしているんですよ。
コ:無農薬野菜や旬のお野菜を使ったお弁当もされているとのことですが、その他に何か行っているサービスはありますか?
浅:ここの営業は月・火・木・金なんですが,水曜日は手芸や習字,絵手紙の教室等に場所をお貸ししています。他には,フレークビスケットややつはしスティックを作っていて,やつはしスティックははあとフレンズストアーが行っている2013年のオリジナル商品開発のスイーツ部門で優勝しているんです。ちなみにフレークビスケットはその前年のクッキーセレクションに優勝しているんですよ。
コ:そのやつはしスティックのおすすめポイントはどんなところですか?
浅:ハチミツは国産,シナモン,ジンジャーパウダーなど,できるだけオーガニックな材料を使い,京都らしいお菓子として考えました。(笑)
 
コ:普段はどのようなお客様が多いのでしょうか?海外の方も多いのでしょうか?
浅:外国の方は多くなってきていますね。でも、一番よくお越しいただけるお客様は近所の会社の方です。また,ベジメニュー目当ての県外の方もお越しいただけます。
コ:車いすでお越しのお客様もいらっしゃいますか?
浅:いらっしゃいますよ。ここは入口がフラットになっていて,車いすのままでお手洗いにも行けるようになっています。
 
コ:お店をやっていて良かったと思うことはありますか。
浅:お客様に「美味しかった」と言っていただけると本当に嬉しいですね。また,一人でお越しになるお客様も多いんですが,隣り合わせや向かい合わせのお客様が,仲良くなって一緒にお越しになることもあります。多くの人のコミュニケーションの場になっていることも嬉しいですね。
 
コ:今後,おもてなし隊に期待されることはなんですか?
浅:お店どうしの交流を図る機会を設けていただければと思います。ここで働くスタッフに,できればコミュニティに加盟する他の飲食店の調理場を見せてあげられれば,すごく勉強になると思いますので。
 
〈取材を終えて〉
 浅川亭さんはお肉やお魚を使わない浅川ベジランチを提供しておられ,ベジタリアンの方も安心して食事を楽しめるお店です。従業員の方もあたたかい方ばかりです。
 車いすをご利用の方も利用しやすいお店となっておりますので,東山へお越しの際は,ぜひ浅川亭でベジ料理を召し上がって,楽しいひと時をお過ごしください。

<施設情報>
詳しくはこちら⇒http://higashiyama-kanko.jp/community/shop/index.php?lid=224

更新日:2014年12月17日(水)


ページの先頭へ戻る