お知らせ

参加店紹介 第15回 京カフェコムサ 様

参加店紹介 第15回 京カフェコムサ 様 今回は祇園北側にある「京カフェコムサ」さんをご紹介します。
「京カフェコムサ」さんは,京阪祇園四条駅から八坂神社に向かって5分ほど歩くと北側に見える祇園くろちくビルの2階にあります。建物の中に入り,奥にある階段を上ると,お洒落なお店のロゴが見え,モノトーンを基調とした和のテイストがお洒落で落ち着いた店内が広がります。
 
コミュニティプロジェクトチーム(以下「コ」):それでは,よろしくお願いします。店内はとてもお洒落で落ち着いた雰囲気ですが,このお店のコンセプトは何ですか。
京カフェコムサさん(以下「京」):「西洋との調和」と「日本伝統の追及」をコンセプトとしています。特にこのお店では京都の和素材を取り入れることで,そのコンセプトを実現しています。店内には畳の部屋や中庭があり,京都らしい落ち着いた和の空間を作り出しています。スタッフの接客や身だしなみにもこだわっており,芯があって美しい”大和心(やまとごころ)”を大切にしています。
 
コ:どのようなお客様が多く来られますか。
京:お子様からお年寄りまで幅広いお客様がいらっしゃいます。普段は社会人や年配の女性の方が多いです。海外の方も非常に多くいらっしゃいますよ。時には,お客さまのみなさんが海外のお客さまということもあるんですよ。
 
コ:海外のお客さまが非常に多くいらっしゃるとのことでしたが,やりとりで何か困ったことはありますか。
京:日本人のお客さまですとショーケースを見てもらい,好きなタルトを選んでいただくのですが,言葉が通じないとショーケースまで来ていただき,その前で説明するのが難しいです。その際は,メニューの写真で説明するのですが,写真だけでは伝わらない商品の細かな情報をなかなか伝えきれないことがもどかしいですね。台湾や中国などアジアからいらっしゃるお客様も多く,英語が通じないこともあるため,やはりコミュニケーションをとることが課題です。
 
コ:お客さまに対して,どのようなことに気をつけていたり,工夫されていますか。
京:まずスタッフには,お客さまに親身になってお世話するように伝えています。お客様がスタッフを呼ぶ前に注文をお伺いするなど,お客様が言葉にされる前に先に気づいて行動することを心がけています。お店が混んでいる時はなかなか難しいのですが,それらを常に心がけるよう従業員一同心掛けています。
 
コ:おすすめの商品はどれですか。
京:全て自信を持っておすすめできるものばかりですが,当店限定の「舞妓さんのタルト」が人気です。舞妓さんのタルトは,その月ごとに変わる舞妓さんの花かんざしをイメージし,毎月違うタルトを作っています。8月は“すすき”ですので,ホワイトチョコやバナナをすすきに見立てて作っています。他にも当店限定の京都の老舗の食材をふんだんに使ったタルトがあります。フルーツの旬に合わせたメニューも人気で,もうすぐ葡萄コレクションが始まりますので,是非,お試しください。
 
コ:お店が2階にあるということで少し分かりにくい場所にあると思うのですが,お客さまに知っていただくためにどのような工夫をされていますか。
京:観光施設にパンフレットを置いていただいたり,インターネットで新商品の告知をしたりしています。まだオープンして1年と日が浅いので,地域の方にお店を知っていただけるよう,商店街の会合などにも出席させていただいています。
 
コ:今後おもてなし隊にどのようなことを期待されますか。
京:他のお店とコミュニケーションを図れる場に参加したいと思います。また,観光に来られた方に,例えばスタンプラリーの様な,この場所ではこれがもらえます,といった企画をしてもおもしろいのではないかと思います。お客様に心のこもったおもてなしができる企画をとおして,おもてなし隊の活動に貢献していければと思います。
 
コ:おもてなし隊として,安全,安心に楽しんで観光していただける東山を目指し,今後もユニバーサルツーリズムのまち東山を推進していきたいと思います。本日はお忙しい中,貴重なお話をしていただき,ありがとうございました。
 
〈取材を終えて〉
商品や内装,接客にこだわりを持ち,常にお客さまへのおもてなしの心を大切にする京都らしさいっぱいの素敵なお店でした。また,お話しして下さった店長の蔵垣内さんは,情熱いっぱいに私たちにお話ししてくださり,人柄の温かさが伝わってきました。タルトの盛り付けは,とても繊細で美しく,食べるのがもったいないくらいです。8月の「舞妓さんのタルト」は,クリームは甘さ控えめで,上質なフルーツの味が引き立ちます。東山にお越しの際は,祇園北側にある京カフェコムサで京都らしさと上質なスイーツを味わってください。
更新日:2015年08月31日(月)


ページの先頭へ戻る