お知らせ

参加店紹介 第17回 cafe & zakka ソラシド 様

参加店紹介 第17回 cafe & zakka ソラシド 様 今回は「cafe & zakka ソラシド」さんをご紹介します。
 
「cafe & zakka ソラシド」さんは,東大路通りのバス停「知恩院前」から南へ50m進んだところの東側にあります。木のぬくもりを感じながら,ゆったりと寛げる雰囲気です。1階は喫茶と雑貨販売のスペースで,2階はギャラリーとなっています。
 
コミュニティープロジェクトチーム(以下「コ」):それでは,よろしくお願いします。なぜ「cafe & zakka ソラシド」という店名にされたのですか?
「cafe & zakka ソラシド」宋さん・福田さん(以下「ソ」):「京きよみず工房ソラ」で作っている米粉を使った和菓子、洋菓子をいろいろな方に食べていただきたい,また雑貨をゆっくりと見ていただきたい。そのような場所として,「cafe & zakka ソラシド」ができました。「京きよみず工房ソラ」の「ソラ」に続くようドレミファソラシドのソラにシドを付けて「ソラシド」としました。
 
コ:おすすめ商品を教えてください。
ソ:米粉のみを使用した商品作りに取り組んでいます。中でもどら焼きとパウンドケーキがおすすめです。小麦アレルギーの方も安心してお召し上がりいただけます。お客様からはよく,食べごたえがありお腹にしっかり溜まる,懐かしい味がするといったお声をいただきますよ。
 
コ:どら焼き開発のきっかけは何でしょうか?
ソ:手軽で庶民的な和菓子を,お客様と顔を併せて販売できる対面で販売したいという思いから,試作に試作を重ね,半年かけて開発しました。今では,どら焼き定番の粒あん,こしあん以外にも抹茶や季節限定のさくらなど色々な種類を季節にあわせて作っています。また,東山おもてなし隊と協力して,京丹波の黒豆を使ったどら焼きと九条ねぎを使ったどら焼きを開発しました。皆さんに召し上がっていただけるとうれしいです。
 
コ:今後はどのような商品を開発する予定ですか?
ソ:これまで以上に食物アレルギーを考慮した商品を作ろうと思っています。最近では,卵・バター抜きの,クッキーを開発しました。
 
コ:雑貨はどのようなものを置かれていますか?
ソ:草木染、手織りの布製品を中心に、陶器では、マグカップ、お皿、可愛いお地蔵さん、動物など手作りの一点ものがならんでいます。
 
コ:どのようなお客様がよく来られますか?
ソ:観光客の方によくお越しいただけます。特にアジアからお越しの方が多いですよ。
 
コ:おもてなしをする上で,どのようなことを心掛けておられますか?
ソ:にっこりと笑顔で接客することをスタッフみんなが心掛けています。外でメニューを配布し,お声掛けしていると,「笑顔につられて入ってきた」というお客様もおられますよ。
 
コ:これからどのようなお店にしていきたいとお考えですか?
ソ:喫茶と雑貨,どちらも楽しんでいただきたいです。お気に入りの雑貨を見つけていただけると嬉しいですね。また,地域の方にも普段から憩の場として利用していただきたいです。
 
コ:「東山観光おもてなし隊」に今後,どのようなことを期待されますか?
ソ:外国のルールについて書かれたものを作っていただきたいです。外国からお越しの方に日本のルールを知ってもらうのも大切ですが,おもてなしをする側として外国のルールを知っておく必要があると思います。また,中国語や韓国語といった英語以外での簡単なコミュニケーションの言葉が書かれた指さしシートもあると助かります。
 
<取材後記>
終始にこやかにお話ししてくださったお二人のあたたかな人柄がお店の雰囲気に表れています。東山にお越しの際は,素敵な雑貨に囲まれてゆっくり喫茶を楽しめる「cafe & zakka ソラシド」にぜひお気軽にお立ち寄りください。
更新日:2015年09月11日(金)


ページの先頭へ戻る