東山で楽しむ

最新の「東山で楽しむ」はこちら 過去の「東山で楽しむ」はこちら

※これらの情報は過去に掲載されたものです。掲載内容は取材時のものとなりますのでご注意ください。

地域からの情報発信<第4号>

東山の伝統産業にふれる

 東山区は、京焼・清水焼をはじめとする伝統産業が、世代を超えて受け継がれ、人々の暮らしの中に息づくまちです。  そんな「東山区の伝統産業の魅力」を地域の方がお伝えします。  悠久の歴史の中で培われた伝統と技術、そして美しい伝統工芸の数々、それを生み出す職人さんと出会いに、あなたも東山を訪れてみませんか。

注)東山区の広報活動を区役所と共に行っていただいている区民の方

京焼・清水焼

【高木岩華】

学区特派員注):木村信夫

まちかどの小さな陶芸(やきもの)美術館
 正面に古くから受け継がれている大きな急須が飾られているのが特徴的な高木岩華さんの工房。入ったところにはご自身作陶の京焼・清水焼の特徴ある、芸術性、感性豊かな各種の器、お茶碗ほか数々の作品が展示、陳列され、小さな陶芸(やきもの)美術館となっています。各作品を見ていただくことで、土の種類、焼き方、形に捉われない全国どこの産地にもない京焼・清水焼の良さ、魅力を存分に感じ取っていただくことができます。高木さんご自身、ただ飾るものだけではなく、使いやすい心ある陶器作りに意欲を燃やしておられます。機会があれば、ぜひ、お立ち寄りいただき、ご覧願います。

陶芸教室
 工房ではご自身の作陶をしつつ、陶芸教室を開かれています。取材の日も4人の生徒さんがめいめい、独創性あふれる作品の製作に励んでおられ、高木さんが、京焼・清水焼独特の技法について親切、丁寧に教えられているところを拝見し、大変関心を致しました。教室の生徒さんは、保育園の園児から、海外からの観光客まで、幅広い層の皆様が訪れ、作品を作っておられます。
 各地の陶芸教室では、一定の課程のもとに教授されますが、高木さんは、土の量・形を決めず、生徒さんの作陶意向、作品のイメージを大切にされます。生徒自身が自由に、独自の作品づくりをされることを主眼において、指導されているのが、他の陶芸教室ではない特徴となっています。
 ユニークな作陶、自分の思いどおりの作品を作れる教室をお探しの皆様には最適の陶芸教室です。高木さんは陶芸教室を通じて、多く皆様に、京焼・清水焼の良さ、魅力を知っていただき、将来、なんらかの形で、技術、技法の伝承、業界の発展、隆盛の担い手となっていただくことを願いつつ、熱き情熱を傾けられています。

 全国の陶磁器・焼き物産地のなかでは京焼・清水焼の知名度は瀬戸や有田ほど高くはありませんが、作品そのものの質の高い技術と洗練された意匠は、他産地を寄せつけません。皆様も京焼・清水焼を見て、粘土にふれ、作陶の体験をしていただければ、いつもと違う新しい自分を発見していただけることと思います。


<体験教室>
〇上絵付けコース
〇ひねり作陶コース

念珠玉

【今井半念珠店】

学区特派員:大平ひろみ

 400年以上の歴史がある老舗の念珠店、今井半念珠店。各宗派の寺院や個人の注文を受けて、数珠(念珠)の製作や修理、販売をされています。

 数珠は、宗派により房や飾りなどに特徴があり、また材料の玉、糸、房にはそれぞれ色、形、種類があるうえ、糸の締め具合や房の長さにも使う人により好みがあるそうで、見た目は同じようでも、全く同じというものはほとんどないそうです。
 特に、玉の材料になる石は、硬度により使えないものを除いては、使ってはいけないものはなく、その時々の流行があり、今では種類がたくさん増えたそうです。

 また、数珠は、お寺さんができる唯一のおしゃれだったそうですが、今は、腕輪念珠が人気になり、仏事の道具から、身近なアクセサリーとして、若い人にも持たれている人が多いのではないでしょうか。

 お話が進むに連れ、数珠(念珠)の奥の深さを感じます。

 使う人に長く使っていただきたいと、一つ一つ丁寧に手作りをされています。数珠(念珠)選びも、使う人の好みに合う、その人に合った数珠(念珠)をと、時間をかけてゆっくりと応じておられる様子を観て、長い歴史と伝統を守り伝えていく誇りと数珠(念珠)への優しい思いが伝わってきます。

 今井裕史さんは「昔から、数珠は仏事にはなくてはならないものです。でも、まだまだ持っておられない方も多いと思います。数珠(念珠)に触れるきっかけとして、玉の材料である天然石などに触れていただいたり、アクセサリーとして身に着けていただき、数珠のことをもっと身近に知ってほしいです」と、おっしゃいます。

 今井半念珠店では、20年程前から体験教室を開いておられます。始まりは、JRのキャンペーンや修学旅行の体験学習の一環として先生からの依頼がきっかけだったそうです。その後、担当の先生の転勤や会議などでの情報交換から、全国に広がったそうです。

 天然石のブレスレットを作る一般のコースでは、水晶やヒスイ、メノウなど何十種類もの石の中から、自分の好みの色や形、大きさのものを選んで作ります。私も、きれいな色の石がたくさんあるので、どれを使うか迷ってしまいましたが、作り始めたら案外簡単にでき、お気に入りの一品ができました。


<体験教室>
〇京念珠制作

京焼・清水焼

【豊仙窯】

学区特派員:大平ひろみ

 京阪七条駅の程近くに陶芸工房の「豊仙窯」があります。通りから気軽に覗いてもらえるようにと平成20年4月にリニューアルされた開放的な造りの工房です。屋内へ入ると、いろいろな場所に素敵な京焼・清水焼の作品が飾ってあり、中には足元のガラス板の下にも置いてあったりして、楽しい雰囲気です。

 そんな工房で、京焼・清水焼の伝統を守り、新たな作品にも精を出す職人さんがいます。「京焼・清水焼は高級なイメージがあり、日常的な食器としては、地元でもあまり使われていないのではないでしょうか」とおっしゃるのは、陶芸家の長田清豊さん。もっと身近で喜ばれる器を高価なものでなく作っていきたいとの思いをもっておられます。繊細な絵柄を施した美術品としての京焼・清水焼を作陶される一方、普段使いの京焼・清水焼をもっと普及させたいと熱く語られます。

 最近は、従来の器だけでなく、表札やアクセサリーなどの注文もあるそうで、「求められるものなら何でも作ります」と、笑っておっしゃいます。

 「土は生きています。土が醸し出す自然のやわらかい形は、そのときの土の状態でしかできないもので、同じものを作るのは難しいものです。だからこそ、少しのゆがみや膨らみは、その作者、作品のもつ個性であり、味わいであると思います」と、陶芸の面白さを語る長田さん。

 工房では、土の手作りの良さを楽しんでもらいたいと、体験教室をされています。地元の人をはじめ、観光客の方など、幅広い年齢層の方が訪れるそうで、京都でゆっくりと時間を有効に使ってほしいと、夜も開いておられます。初心者は、指導を受けながら基本的な器を作り、慣れた人は、自由に好きな物を作ることができます。何度も訪れて、最後まで自分で仕上げる人もあるとのことです。自由に工房を利用して、土と遊んでいいのだそうで、自分に合った使い方ができそうです。私も、自分だけの京焼・清水焼を作ってみたくなりました。


<体験教室>
〇電動ろくろ体験
〇手びねり体験

提灯

【小嶋提灯店】

学区特派員:中山民子


 小嶋商店は、現在の当主で9代目になり江戸時代寛政年間の創業になるそうです。こんな伝統ある提灯屋さんって堅苦しいのかな?と心配しつつ玄関を入ると、若い男性ばかりが目につく活気のある作業場にびっくりしました。当主の小嶋護さんは渋い二枚目で若いハンサムなお兄さんは息子さんたちでした。息子さん以外にも若い職人さんがおられ、もくもくと竹を割っている表情は真剣で活気のある中でも引き締まったものを感じました。
 小嶋さんのお話によると昔ながらの製法を守って提灯を作る店がほとんどなくなった中で、最初から最後まで地張り式の昔ながらの製法を守って出来るのは珍しいのだそうです。ビニール製の提灯が出回るなか、和紙を通してこぼれるほのかな明かりは心が落ち着いたり心ひかれたりするものだということで、人々を癒してやまない提灯を小嶋さんは残していきたいと頑張っておられるそうです。京都の昔ながらの製法を守りつつも、提灯の図柄などにさまざまなアイディアを取り入れて、時代に合った新しい試みをやっていきたいとおっしゃっていました。

 さて、5月頃になると小嶋提灯店の場所を聞かれることが多くなります。それは修学旅行の学生さんたちが「提灯の絵付け体験」のために大勢来られるからで、シーズンには約1500名もの参加があるそうです。絵付けは修学旅行生だけでなく一般の方もできます。私も勧められてやってみました!

 自分の好きな色や字を真っ白な提灯に下書きをしてから書いていきます。真っ白な提灯に筆を下ろす時は、緊張しました。でもやっていると、周りの話は上の空で、でこぼこした表面との格闘を楽しむことができました。

 一般の方は2000円ですがこのホームページを見たと言っていただければ1500円にしていただけるそうです。たくさんの方に自分だけの提灯を作って帰っていただきたいと思いました。


<体験教室>
〇提燈絵付体験
〇本格提燈作り体験

京焼・清水焼

【青窯会会館】

学区特派員:村上米基

 泉涌寺窯としての歴史は意外に新しく、ここ泉涌寺東林町界隈で、「京焼・清水焼」の窯がひらかれたのは、95年前(大正3年)のことで、「島村久三郎」が初めて窯をひらいたとあります。最盛期には80軒近い窯元があり、今も54軒の窯元で、日々作品や製品づくりがなされています。この界隈では当時は、斜面地を利用した「登り窯」が主流とのことで、窯元でよく見られる「煙突」はほとんど必要なく見当たりません。今では、電気やガス窯が主流との事です。やきものの町の風情をそこここに残す街並は、立ち並ぶ工房とともに、昔のままといった感じです。

 そんななか、京都青窯会協同組合の代表理事、森俊次さんにお話をうかがいました。

 森さんは京焼・清水焼について「形式に捉われない分、時代の流れ、使い手のニーズに合わせることが出来ます。使い手の意見に耳を傾けながら、より良いものを創り上げていきます」とおっしゃられ、現状に満足せず、更なる作陶意欲を感じました。

 工房では、ロクロ、釉薬かけ、絵付、窯入れ(焼成)などの工程が、静かに静かに、そしてそのいずれもが、一瞬のまばたきもゆるさない、はりつめた空気のなかで行われています。でも、作業をしている方々の廻りの棚や、そばに置かれている道具や材料は、びっくりする位の雑然さ。でも、そこが何とも言えない魅力的な雰囲気があり、つい腰をおろしたくなるスペースです。

 そんなまちの中心にある「青窯会会館」には、作家の方の作品や各窯元さんの作品が数多く展示され、販売もされています。またここでは、「素敵体験」がお楽しみいただけます。

 湯呑や抹茶碗に呉須による下絵付に、手動ろくろによる手びねりによる作陶を、いずれも作家や伝統工芸士の先生による指導で、世界でたった一つの「やきもの」づくりがお楽しみいただけます。後日手許に届いた時の感激は何物にもかえがたい宝物となることでしょう。ここ東林町は、洛東の名刹「大本山東福寺」と、皇室ゆかりの「御寺泉涌寺」の中間にあり、年中を通しての散策に絶好の観光スポットです。特に秋の紅葉シーズンには「泉涌寺窯もみじまつり」として全町の窯元あげてのイベントがあり、東福寺の通天橋のもみじが洛東随一の美しさを見せます。1日かけてお楽しみいただきたいものです。


<体験教室>
〇下絵付けコース
〇手びねりコース

マップ
高木岩華 今井半念珠店 豊仙窯(長田画工所) 小嶋商店 青窯会会館

その他のお知らせ・イベント情報についてはこちら

このページの先頭へ戻る