東山で楽しむ

最新の「東山で楽しむ」はこちら 過去の「東山で楽しむ」はこちら

※これらの情報は過去に掲載されたものです。掲載内容は取材時のものとなりますのでご注意ください。

東山区80周年記念 ~東山の 八 ~

粟田神社の剣鉾【粟田神社】 剣鉾は御霊信仰の祭礼に出る祭具であり、粟田神社は18基の剣鉾が護持されている。剣鉾には金属飾や吹散の著名なものがあり、菊鉾・橘鉾の吹散は神坂雪佳原画の綴織で、瓜巴鉾の見送りは堂本印象の墨画である。

[粟田神社について詳しくはこちら]

八坂の地名の由来 祇園社から清水寺へかけて、東に向う道はみな坂である。人々は坂の多い土地という意味から、この地を八坂と名付けたといわれている。後世に至ってから、祇園坂、長楽寺坂、霊山坂、山の井坂、下河原坂、法観寺坂、三年坂、清水坂の8つの坂を八坂と呼ぶようになったといわれている。

参考文献:平凡社/京都市の地名



霊山観音
 第二次大戦戦没者の冥福を祈り宗派の別なく昭和30年に建立。露坐の観音像は高さ80尺(24メートル)のコンクリート造で、製作は山崎朝雲。胎内には十二支の守り本尊を祀る。

[霊山観音について詳しくはこちら]

翠紅館
 翠紅館広間はしばしば坂本龍馬ら志士たちの会合の場所となっていた。文久3年(1863)の「八月十八日の政変」前夜には、土佐・長州の志士たちが、倒幕の密議を行い、後にこの密議が「翠紅館会議」と言われるようになった。現在は料亭となっている。

[翠紅館について詳しくはこちら]



轟門【清水寺】
 観音様の教えを轟かせるというところから名前が付いた轟門。清水寺の本堂の西にある八脚門で、めずらしい構造である。

[清水寺について詳しくはこちら]

高倉天皇の陵墓【清閑寺】
 後白川天皇の第七皇子である第80代高倉天皇の陵墓が清閑寺の後清閑寺陵にあり、その傍らには寵姫 小督局こごうのつぼねの墓と伝える宝篋印塔がある。

[清閑寺について詳しくはこちら]



法性寺
 藤原氏の氏寺として伝わる法性寺は、延長2年(924)の建立。本堂に安置された厄除けの二十八面千手観世音菩薩立像は、旧法性寺潅頂堂の本尊といわれている。このほかに、不動明王像や薬師如来坐像が祀られている。

[法性寺について詳しくはこちら]

東福寺方丈庭園【東福寺】
 東福寺の方丈は異色で、その四周に庭園をもっている。1939(昭和14)年に重森三玲氏によって作庭された枯山水式の庭園。南庭(前庭)は砂紋によって八海の荒海を、巨石によって四仙島を表現している。

[東福寺について詳しくはこちら]



マップ 粟田神社 霊山観音 八坂 轟門 翠紅館 清閑寺 東福寺 法性寺

その他のお知らせ・イベント情報についてはこちら

このページの先頭へ戻る