東山で楽しむ

最新の「東山で楽しむ」はこちら 過去の「東山で楽しむ」はこちら

※これらの情報は過去に掲載されたものです。掲載内容は取材時のものとなりますのでご注意ください。

東山を歩いて楽しむ ~東山かるた巡り 其の一~
東山区内には、神社仏閣などの歴史的・文化的資源が数多くあり、まち全体が博物館のようです。
東山区には、この東山の魅力を色とりどりに描いた「東山かるた」があります。
今回は、その「東山かるた」(※)の一部をご紹介します。

※「東山かるた」は、東山の魅力を多くの皆さんに知っていただくため、区民の皆さんと東山区役所が協働で制作した「カルタ」です。

こ け く き か お え う い あ
「あ」汗ふきつ選ぶ楽しさ陶器市  
汗ふきつ選ぶ楽しさ陶器市

 毎年、若宮八幡宮社の陶器大祭が8月8日に行われる。7日から五条通一帯に、地元清水焼はもとより全国の陶器商がテントを並べ、特に暑い京の夏の風物詩で、大勢の人々で賑わう。売り手と買い手の絶妙な値段交渉もまた楽しい。(六原)


「い」新日吉神宮は阿吽のお猿がお出迎え  
新日吉神宮は阿吽のお猿がお出迎え

 新日吉神宮は、後白河法皇により永暦元年(1160年)に創建された。信仰深かった近江の日吉大神を勧請し祀った。
 また、本殿前に安置されている阿吽のお猿は、大神の使者で信者の災禍を去るという不思議な働きをすると言われ、描かれ、神宮の宝物としても伝えられている。(修道)


「う」売り声に窯元にぎわうさくらまつり  
売り声に窯元にぎわうさくらまつり

 日吉窯元まつりは、毎年3月下旬~4月上旬の土・日曜日に、智積院南側の坂道を上がった辺りの、日吉町、南日吉町一帯で、窯元をはじめ約60店舗がテントを張って一堂に清水焼を販売する。今年は3月27日、28日に開催。近辺の窯元を巡るスタンプラリーも催され、桜の季節なので「さくらまつり」ともいう。(今熊野)


「え」円徳院桃山時代の風薫る  
円徳院桃山時代の風薫る

 豊臣秀吉の亡き後、大坂城を出た北政所ねねは京都御苑に身を移した。秀吉の冥福を祈るため高台寺の建立を発願し、伏見城の化粧御殿と庭園を移し、住み始めたのが、円徳院の始まりである。
 ねねの終焉の地として有名で、また、枯山水の庭園は豪壮な桃山時代の面影を今に伝えている。(清水)


「お」応仁の炎も逃げるクスノキよ  
応仁の炎も逃げるクスノキよ

 応仁の乱で、都中が炎に包まれ、あらゆるものが燃えた。
 しかし青蓮院の楠は燃えなかった。真実なのか、作話なのか。それは不明だが、真実だと思わせるパワーが、この木からはあふれ出ている。(粟田)


「か」神代より型もいろいろ伏見人形  
神代より型もいろいろ伏見人形

 全国にある90余りの土人形の中で、伏見人形の系統をひかないものがないといわれる程の元祖的な存在で、伝わっている原型、土型は二千種余りで、風俗や伝説を表現し、心なごむ素朴さがある。
 たった一軒残る窯元の「丹嘉」は、寛延年間の創業で、現在、七代目に当たる。(月輪)


「き」教科書でおなじみ空也ここにあり  
教科書でおなじみ空也ここにあり

 静かな住宅街の中、突然目の前に現れ、丹塗り(黄を帯びた赤色)の建物が六波羅蜜寺。
 ここには、びっくりするような宝物がたくさんある。誰もが一度は日本史の教科書で目にする有名な空也上人立像(鎌倉時代・重要文化財)など、藤原(平安時代中・後期)・鎌倉期のすぐれた仏像が多くある。(六原)


「く」首塚に秋風あわれ桔梗紋  
首塚に秋風あわれ桔梗紋

 「桔梗」は、明智光秀の家紋。本能寺の変後、山崎の戦で豊臣秀吉に敗れ、近江の坂本城に逃げる途中、農民に襲われ自刃最後を遂げた。家来が光秀の首を落とし、知恩院の近くまで来て夜が明けたため、この地に首を埋めたと伝わる。
 桔梗の凛とした姿と寂しさが光秀の宿命と重なる。(粟田)


「け」月真院に文人愛でる萩、椿  
月真院に文人愛でる萩、椿

 「清水へ 祇園をよぎる・・」と詠われたねねの道沿いにある萩と椿が有名な寺である。
 西郷隆盛や坂本龍馬も訪れたという2階の隠し部屋は今も健在で、庭には、織田信長の弟「有楽斎」が植えた樹齢六百年の椿があり、時代を超えて咲き続けている。(清水)


「こ」今週も白川沿いでサスペンス  
今週も白川沿いでサスペンス

 白川沿いの祇園新橋周辺は、作家山村美沙「京都○○サスペンス」を始め、数々のテレビドラマでお馴染のスポット。
 白川沿いを歩いていると、運が良ければ撮影現場に遭遇することもしばしばで、芸能人に出会えたり、撮影風景が楽しめたりできる。(有済、弥栄)


マップ 白川沿い 祇園新橋周辺 月真院 光秀の首塚 六波羅蜜寺 丹嘉 若宮八幡宮社 新日吉神宮 日吉町、南日吉町一帯 円徳院 青蓮院

その他のお知らせ・イベント情報についてはこちら

このページの先頭へ戻る