東山で楽しむ

最新の「東山で楽しむ」はこちら 過去の「東山で楽しむ」はこちら

※これらの情報は過去に掲載されたものです。掲載内容は取材時のものとなりますのでご注意ください。


車いすに乗って東山を楽しく観光しませんか? 東山車いす観光散策マップ

※ユニバーサルツーリズム:障害の有無や年齢、性別などに関わらず、誰もが安心して楽しめる観光を目指す考え方

東山車いす観光散策マップ
地図上のアイコンをクリックすると詳細情報へリンクします。
みどころこのコースのみどころ・おすすめスポットをご紹介します。
ポイント車いすで散策する際に役立つチェックポイントです。
京の伝統・清水焼コース 行程時間:60分 距離:約1km

世界に誇る、”伝統の清水焼”をじっくり堪能できるコースです。
通り沿いに立ち並ぶ陶器屋さん、陶器の看板や表札、どこか懐かしい雰囲気のただよう路地など・・・。寺社仏閣や花街などとはまた違った東山の魅力をお楽しみください。

最寄駅:京阪「清水五条駅」
清水五条陶板の散歩道
若宮八幡宮
五条坂を彩る多くの陶器店
陶器製の看板・表札等
鐘鋳町(かねいちょう)~河井寛次郎記念館周辺~
最寄駅:京阪「清水五条駅」

コース企画者のコラム


清水五条陶板の散歩道 清水五条陶板の散歩道

五条坂周辺は、多くの陶工や陶器問屋が集まる陶器の町として栄え、多くの陶芸作家が活躍し、問屋や小売店などで賑わう。 五条通(川端~東大路間)の電線地中化により設置した地上機器の上に、地元の陶芸家などが”本物に触れてほしい”との想いから特別に製作した陶板を飾った散歩道である。

若宮八幡宮 若宮八幡宮

源頼義の創建で、源氏や足利氏の信仰が篤かった。 足利尊氏が平癒に感謝し、献じたという蓬莱石や二本の木が一本に結ばれた縁結び家内安全の御神木が本殿前にある。 狛犬は陶器製で諏訪蘇山の作、入口鳥居横の石碑は、清水六兵衛が揮毫。 五条坂一帯で8月に開催される陶器まつりは当社の祭礼。

五条坂を彩る多くの陶器店 五条坂を彩る多くの陶器店

清水焼は、清水坂・五条坂付近で生産される陶磁器の総称。 製品は、茶器・食器・花器などで、清雅優美なもの。 五条坂は、清水焼発祥の地として、多くの名陶工が活躍した。 現在も陶芸作家や小売店など、多数軒を連ねる。 店先には清水焼を飾り、高い芸術性を訴え、道行く人の目を楽しませてくれている。

陶器製の看板・表札等 陶器製の看板・表札等

五条通周辺では、陶器製の看板や表札、ポストがあるなど、日々の暮らしの中にも陶磁器の産地らしい特色が現れている。 また、京扇子や数珠、竹細工など、清水焼以外の伝統工芸品も発達しており、店先には、質が高く美しい伝統工芸品がさりげなく飾られ、道行く人を魅了している。

鐘鋳町(かねいちょう)~河井寛次郎記念館周辺~ 鐘鋳町(かねいちょう)~河井寛次郎記念館周辺~

町名は、方広寺の造営の際に大仏殿の鐘を鋳造した鋳物場があったことにちなんでいる。 現在は、陶芸作家など陶磁器に関係する職人が多く住み、河井寛次郎記念館をはじめ、鐘の形をした窓を有する町家や歴史的意匠建造物に指定された町家などが織り成す落ち着いたたたずまいが魅力的である。

車いす散策のチェックポイント!
コース全体
コース全体『ほぼ振動なし!』 コースは全体的に凸凹がほぼありません。
五条坂
五条坂『ゆるやかに続く長い坂』 五条坂は、ゆるやかな坂道です。
五条坂
五条坂『陶板の散歩道』 陶板は、視線より若干高めに設置。 でも座ったままでも見られますよ。
若宮八幡宮
若宮八幡宮『本殿へつづく階段』 本殿へ上るにはスロープがありませんのでご注意を。
五条坂
五条坂『ウィンドウショッピング』 陶器店の店先には、作品が車いすから見やすい高さで飾ってあります。
鐘鋳町付近
鐘鋳町付近『車の往来』 入り組んだ路地が多く、見通しが悪いです。 車の往来にはご注意を。


コース企画者のコラム

私たちは、陶板の散歩道のことを知り、清水焼についてお話を聞いたり見たりして調べているうちに、“伝統産業のまち東山”の姿が見えてきました。 有名寺院や祇園といった定番の東山以外にも、まだこんな隠れた見どころがあったのかと目からウロコの思いでした。 実際にコースをまわってみると、たくさんの喜びを発見できたのです。
また、探せば探すほど清水焼にちなんだスポットが見つかったこと、さらに陶器店の「陶点睛かわさき」を訪れた際に御夫婦が温かく迎えてくれたこと。 私たちが五条を、そして清水焼を好きになるのに時間はかかりませんでした。
毎年8月の7日から10日まで、五条坂で「陶器まつり」が催されます。 ここではたくさんの観光客が訪れ、清水焼やそれ以外の全国の焼物が集まるそうです。 ゆっくりと陶板の散歩道を味わうのも良いですが、賑やかで活気のある「陶器まつり」の五条坂の姿も一目見にいらしてください。



「東山で遊ぶ」トップページへ戻る

このページの先頭へ戻る